注文住宅の打ち合わせって重要?順調に進めるポイントを解説!

公開日:2023/12/15   最終更新日:2023/08/17

家

注文住宅を建てたは良いものの「もう少し○○になっていれば良かったな」「この部分どうにかしたいな」など、完成系をみてどこか納得できない方は意外と多いです。本記事はそのような失敗をしたくない方に向けて、注文住宅の打ち合わせについて解説します。よくある失敗例から打ち合わせを順調に進めるポイントなどを解説しています。

注文住宅の打ち合わせでよくある失敗例

理想の住まいを実現するためには、注文住宅の打ち合わせは重要なステップです。

しかし、時には思わぬトラブルが生じることもあります。ここでは、注文住宅の打ち合わせでよく見られる失敗例について、注意すべきポイントを紹介いたします。

業者と依頼者のどちらかの意見に偏る

施工業者によっては、自分たちの商品にとても自信があり「このような形がベストです!」「こういった間取りにしましょう!」など意思が強いケースがあります。

またこのケースとは対照的な依頼者側の意見を全て鵜呑みにし「YES」と答える施工業者がいるのも事実です。両者のような、どちらかの意見に偏る打ち合わせでは、後々意見の食い違いがおきやすくなります。

理想的なのは、依頼者の意見を上手くくみ取り、難しい設計は「難しい」と言える施工業者です。

業者と依頼者側とのギャップ

また業者と依頼者側とでギャップが起こることも打ち合わせでよくある失敗です。

ギャップが起こる要因としては主に以下の2つがあります。

①イメージの共有が上手くいかないこと

担当者が違うこと

まず一つ目のイメージ共有に関しては、イメージの乖離があることで起こります。

施工業者は外壁の素材や質感、色見、部屋のサイズ、採光量など現物をたくさん見ているため、建てた後のイメージを持ち合わせていますが、依頼者側はそうではありませんよね。

そのため依頼者側が「こんな感じにしたいんです」と言葉でイメージを共有しても、業者と依頼者側ではイメージしているものが変わってしまうのです。

2つ目の担当者が違うケースは、設計者が現場に来ず、営業の方が代わりにヒアリングを行う場合に良くある失敗です。「依頼者側→営業担当→設計者」の間での情報伝達が上手くいかず、イメージギャップが起こってしまうのです。

時間的余裕が足りない

請負契約前までは、時間をとって沢山打ち合わせをしてくれていても、請負契約を結んだ直後から打ち合わせを急に急かされる場合があります。

これも打ち合わせでよくある失敗のひとつです。

このような業者は、請負契約後から着工までの打ち合わせ回数を減らし、スピーディーに建物を建てることが目標となっており「お客様に良い家を提供する」ことよりも「お客さんと契約を結ぶこと」が最優先になっている業者にみられる傾向です。

このような業者に引っかからないためにも、請負契約を結ぶ前から相手の発言をよく聞いておくことが大切でしょう。

注文住宅の打ち合わせを順調に進めるポイントとは

打ち合わせを気持ちよく進めるためには、施工業者の技術もありますが、依頼者側の準備や工夫が意外と大切です。

ここでは注文住宅の打ち合わせを快適に進めるポイントについて解説します。

予算の設定

注文住宅は、お金を出せば出すほど質の良い大きな家を建てられます。

だからこそ予算をしっかりと決め、どこにどのくらいの金額をかけるのかを検討しておくことが大切です。1990年代には「住宅の予算は年収の5倍」などと言われていましたが、現在は平均年収を鑑みて年収の6倍程度が平均的な予算とされています。

希望と要望

どんな間取りにしたいか、どんな内見・外観にしたいか、設備はどうするかなど、注文住宅を購入する際にはイメージすることがたくさんあります。

しかし、先ほどのお伝えした通り言葉だけでは上手くイメ―ジが伝わらないことが多いのも事実です。

そこでイメージを伝える際には、イメージに似ている物件の画像や写真などを用意しておくことをおすすめします。お互いが同じ画像をみていればイメージの大きなズレは防ぐことができるでしょう。

言った言わない問題も一緒に対策

言った・言わない問題とは「○○の時にお伝えしました」「いいえ、聞いていません」といった具合に、施工業者と依頼者側の意見が食い違ったときに起こる問題です。

ここではそんな言った・言わない問題の原因と対策をお伝えします。

「言った。言わない問題」の原因

この問題が起こる原因には打ちあわせの期間が長いことや、決めることが細かいこと、注文住宅の購入が初であること、イメージの共有が出来ていないことなどがあげられます。

言った・言わない問題が起こってしまった場合には打ち合わせの記録を確認し、どちらかのミスであれば修正してもらう。

その時点でもう取り返しの付かない問題であれば、最善策を出し合い、折衷案を飲むしかないでしょう。そうならないためにも、次は起こらないようにする方法をお伝えします。

言った・言わない問題を起こらないようにする方法

言った言わない問題が起こらないようにするには、まず打ち合わせの記録を残しておきましょう。

いつ何を決めたのかをしっかり文面や写真として残しておけば、問題が発生しても大きな問題にはなりません。

また毎回の打ち合わせで分からないことがあればその場で質問し解消しておくことや、目を通す図面や書類に関して、十分な理解をしておくことが大切です。また気兼ねなくコミュニケーションがとれるよう、日頃の態度にも気を使い関係性を保つことも重要です。

まとめ

本記事では「注文住宅の打ち合わせ」について、打ち合わせでよくある失敗例や、打ち合わせを快適に進めるポイント、言った・言わない問題などを解説しました。注文住宅の打ち合わせは、決めることが沢山あり、小さな情報の伝達ミスが大きな欠陥に繋がることもあります。打ち合わせの際にはきっちりとメモをとり、その日に決めたことを総括してお互いに間違えの無いように心がけることが大切です。

 

 

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

会社名:ホームパーティー 住所:〒862-0921 熊本市東区新外一丁目1番26号 TEL:096-285-8020 ホームパーティーは、素材感を大切にし、手間をかけたシンプルな家づくりを行

続きを読む

会社名:ハウスクラフト株式会社 住所:三重県三重郡菰野町大字福村795-1 電話番号:0120-54-2005 ハウスクラフトは、顧客の暮らしと未来を第一優先に安心・安全を実現するために3つ

続きを読む

新しい住まいで快適な室内環境を実現するために、エアコンの設置は欠かせませんが、そのタイミングは悩みどころです。季節、予算、施工の便益など、さまざまな要因を考慮しながら、最適な決断を下すための

続きを読む

熊本県の合志市は、熊本市の北東部に位置し、県内有数の農業地帯です。熊本市内への交通の利便性もよく、ベッドタウンとしても開発が進められています。 今回は、そんな合志市でおすすめしたい注文住宅メ

続きを読む

注文住宅は人生で一番と言っても良いほど大きな買い物です。できれば楽しく円満に作業を進めたいですよね。しかし注文住宅ではトラブルが付き物。とくに「言った言わない問題」は業者と依頼者の関係を悪く

続きを読む

注文住宅を建てたは良いものの「もう少し○○になっていれば良かったな」「この部分どうにかしたいな」など、完成系をみてどこか納得できない方は意外と多いです。本記事はそのような失敗をしたくない方に

続きを読む

建て替えができない土地に建っている「再建築不可物件」について知っていますか?再建築不可物件は、建築基準法に適合しなくなった土地に建っている物件をさし、現に家が建っていても、建て替えや増築はで

続きを読む

  建て替えとは、家の基礎から建て直す工事を指します。リフォームとは違い、工期が長く費用も大きくなるのが特徴です。本記事ではそんな建て替えの費用相場と、注意点、補助金などを解説しま

続きを読む

注文住宅を建てる際はデザイン性やインテリアなどにこだわる人も多いですが、水回り設備の配置や種類も重要な要素のひとつです。今回は注文住宅の水回り設備について、概要や間取り決めのポイント、各水回

続きを読む

マイホーム購入を検討している人は、注文住宅や建売住宅など、どのタイプの住宅を選ぶべきか悩んでしまうこともあるでしょう。今回は、注文住宅のシステムや特徴、メリット・デメリットに加え、注文住宅づ

続きを読む